ネット広告を使った上手な集客の方法

メール配信を使わずにネットで集客する方法

弊社はメール配信システムもサービスとして提供しています. メール配信はお客様に潜在ニーズを伝える良い手段です. ターゲットを絞って,必要と思われる方々だけに商品・サービスを伝えることが可能です.

しかし,以下のようなデメリットがあります.

  • 配信先のリストを揃える必要がある.
  • 既に保有しているリストなので,新規の見込み顧客獲得にはつながらない.

潜在ニーズと顕在ニーズ

潜在ニーズ

潜在ニーズとは表面に現れていないニーズ.言われてみて,使ってみてから分かるニーズのことです. カーナビにしても携帯にしても存在していない世の中で生活できないかというと,そんなことはなく存在しない世の中があったとしても特に問題はありません. しかし,一度使って便利さに慣れてしまうと必要不可欠なものになってしまいます.

啓蒙型商品・サービスと私は言っていますが,「わざわざ説明しないと良さが分からない」商品は潜在ニーズにマッチしたものだと言えます. この商品・サービスの特長は,付加価値が高いことです. 理解してもらうのに時間・コストがかかりますが,顧客に受け入れられる物であった場合に満足度は高いです.

顕在ニーズ

顕在ニーズとは今必要としていて,今ないと困るニーズ.

必要なので探しているケースです. 既に使っている人がカーナビや携帯が壊れてしまった場合,修理するか,別の商品を購入するしかありません.購入する際には同じ商品,もしくはもっとよい商品を探すことになります. これで探すのが顕在ニーズです.

探すときはイメージがあるので,その商品・サービスそのものの一般名詞で検索します. ついでに使っていたものに不満がある場合,満足していた場合,その特徴をいれることも多いでしょう.

広告のタイプについて

広告には2種類のタイプがあります. プッシュ広告とプル広告です. 詳しくはリンク先をみてください.

この文章では「ネットでの集客広告」について取り上げていますが,プッシュ型について考えます. リスティング広告はプル型になりますが,これは検索エンジン対策(SEO)をとることによってコストを下げた対策が可能です. ネットでのプッシュ型に関しては従来,メール配信を行うぐらいしか方法がありませんでした.

ところが,メール配信より考えようによっては有利な広告があります. それがディスプレイ広告と言われる広告です.

メール配信による広告とディスプレイ広告の違い

  • 見たいと思わなくても表示される,つまり興味がない人でも引き付けることが可能
  • リストがなくても配信できる,つまり新規の見込み客に接触することが可能

ディスプレイ広告は閲覧者の属性によっても広告の内容を変えることが出来ます. 例えば,普段,料理のページばかり見ている人がいたとして,包丁の広告を出すことを考えます. 当然,料理のブログなどに包丁の広告を出すことを可能です.しかし,それ以外にその料理好きな人が別の分野のページを見ていた時にも包丁の広告を出すことが可能なのです. メール配信の場合,配信先のメールアドレスを保有していることが条件となります. ポータルサイトの場合は会員のアドレスになります.会社の場合はその会社が保有しているハウスリスト(見込み顧客リスト)となります. しかし,ディスプレイ広告は保有していない誰か分からない新規の見込み客になる可能性のあるリストに届けることが出来ます. ここが他のプッシュ広告との一番の違いになります.

属性を絞る

ディスプレイ広告はテレビのCMと一緒です. 何気なくホームページを見ているときに,ちょっと気になる広告文が目に留まればクリックしてもらえます. 全く属性を絞らないことも可能ですが,特定の属性に絞って広告を出せば無駄な広告を減らすことが可能です.

年齢,地域で絞るのはある程度は可能です. ディスプレイ広告で興味深いのはある分野に興味がありそうな人にのみ表示することが可能なところです. それが「オーディエンス」で「ターゲティング」を設定する部分です.

商品・サービスを知らないが顧客になりうる人を振り向かせる

ディスプレイ広告は広告の見出しやランディングページにも左右はされますが,使用するととても喜んでもらえそうな全く知らない人(潜在顧客)にゆるやかにアプローチすることが可能な広告です. この文章を読んでピンと来た方はご自分でさらに調べることをお勧めします.

広告を出すにあたって,使うと楽なウェブフォームの機能やアクセスされた人がどのような動きをしているかを詳しくみるアクセスログ解析など便利なツールも用意しております. ご興味いただけるようでしたら,下のフォームからご相談いただけますと幸いです.

 

このような販促方法(マーケティング)に興味のある方

まずは無料で相談をお受けします.以下のフォームからお問い合わせください.

お問い合わせはお気軽に
ノウハウを書籍化!
Pagetop