Windows への apache インストール方法

2019年4月9日 HTML&CSS

ホームページの確認をする際にいちいちサーバーにファイルをアップロードするより,自分のパソコンで出来たほうが早い.

備忘録として,windows パソコンに apache をインストールして,設定する方法を書いておく.

ダウンロード

apache

https://www.apachelounge.com/download/
から最新のものをダウンロード
Win64 か Win32 は自分の OS に合わせる.

解凍したら適当なディレクトリに移す.

仮に
C:\apache24
に移したと仮定する.

php

https://windows.php.net/download/

ここから使用するバージョンの php をダウンロードする.
OS の 32/64bit を合わせて,Thread Safe を選択する.

解凍して好きな場所に置く.

以下,
c:\php
にインストールしたと仮定する.

設定方法

c:\home\test にファイルが置いてあり,それを

http://test/

でアクセスできるようにすることを目標とする.
test 以外に複数のホストを動かせるように vhost.conf を設定する.

httpd.conf

設定ファイルである
C:\apache24\conf\httpd.conf
を編集する.

php はバージョンに応じてどちらかを設定

httpd-vhost.conf

C:\apache24\conf\extra\httpd-vhost.conf

php.ini

php.ini-development を php.ini に変更
必要なら設定を変更する.

hosts

http://test/ でアクセスできるように設定する.

Windows の hosts ファイルである
c:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
を管理者でエディタを開いて編集する.

と記述する.

.htaccess

以下は特定のディレクトリで php ファイルを実行できるようにする設定
c:\home\test\.htaccess

c:\home\test\php
のディレクトリだけ php が動く.
拡張子は html でも動くように設定.

linux や bsd など unix の本番サーバーに上げるときは記述が違うので要注意.

起動テスト

コマンドプロンプトで

とすると起動されるが,エラーの場合はここにメッセージが表示される.

エラーが出る場合はこのメッセージを見て,設定を修正する.

c:\home\test\index.html
を中身が空でも構わないので作成.

http://test/
で白紙が表示されれば完了.

PageKnowHowBook
Pagetop