営業方法を見直したり,商品企画が出来る営業支援システム

営業手法を改良しませんか

営業支援システム・SFA(Sales Force Automation)の目的

営業支援システムは日々の営業内容を記録するためにあります. 営業が異動したり,辞職しても,お客様とのコミュニケーション(やり取りの)履歴を残し,引継ぎをスムーズに行うことが一番の目的です. お客様とのやり取りは会社の資産ですが,記録していないと営業が辞めた時点でその情報の資産は何も残りません. それを防ぐために些細なことも記録していき,担当が代わっても変わらない対応を行うことが出来ます.

また他の営業がどのような顧客対応をしているかを読むことによって自分自身の勉強にもなります. 自分自身が営業した内容ですら,時間が経てば忘れてしまいます.そのような事態に備えて記録しておくことは重要です.お客様は些細なことでも覚えていてくれれば,営業への信頼は増します.

自然な営業力アップ

根性論ではなく,使用しているだけで自然な営業力アップを提供します. 通常,営業支援システム(SFA)は営業マンが代わったり,いなくなっても営業の質を落とさないことに重点が置かれますが,それは当然として,レクタスのシステムは営業マンが意識しなくても自然に営業力が向上し,会社の保有する情報(=財産)が増えることを目的とした従来の SFA をさらにパワーアップさせたシステムです.

写真はイメージです.

なぜ自然に営業力がつくのか

それはレクタスのシステムは単なるソフト開発者が作ったものではなく,実際に製造業で効率的な営業について考え,実践してきた経験者が作ったものだからです.

さらにその在籍していた会社だけでなく,製造業向けポータルサイトを運営しながら,様々な会社の販促策,営業策を見てきた経験を踏まえてシステム化しており,その後も創業して様々なお客様に使っていただきながら,今でも進化し続けています. つまり「営業を支援する」という目的において,それぞれの個々の会社の自社開発では到達できないノウハウが蓄積されています.

このシステムはスケジューラではありません. 外出を管理することもできますが,それはスケジューラソフトをお使いください. Googleカレンダーなどと連携することは出来ます.

記入すべきコミュニケーション履歴

お客様とのコミュニケーション履歴の記入を重視しています. コミュニケーション履歴とは訪問した時や電話で話した内容のことです. そのままシステムを使うと商品・サービスを書いて,個数と価格だけを記入しがちです. これでは見積書・請求書と変わりません. このシステムに記入すべき内容は

  • なぜ,この商品・サービスを知りえたのか?
  • なぜ,その人がこの商品を欲しかったのか?
  • 他にどのような商品を検討したのか?
  • いつまでに必要でいくらぐらいの予算があるのか?

上記の情報が大変重要です. これらの情報は他の営業も知りたいですし,本質の話なので聞かれるお客様にも本気度が伝わって信頼感が増します.

IT化することのメリット

紙にはできないことをネット上のクラウドシステムで実現します.

  • その顧客とどういう話をしたかが過去に遡って簡単に見ることが出来ます.
  • 自動集計により,営業報告書や未来の売り上げ予測(先行管理)が簡単に出来ます.
  • 売り上げるために必要な情報を入力しないと自動集計されないシステムになっているので,お客様に聞く内容が洗練されていきます.
  • 既存顧客で新規に名刺を交換した場合に,重複しないような機能が存在していると共にマージ機能もありますので,同一顧客で複数の履歴を記入することもありません.

自分が営業しやすくなるツール

営業が楽になるための各種機能があります.

  • 顧客情報マージ機能
  • 電話先自動リスト作成
  • 顧客単位での過去の資料請求やアンケート回答の過去履歴の閲覧
  • 何をしたか,何をするべきかを忘れないための電話時のフォロー書き込み
  • 自動進捗推移機能付き商談管理
  • 見積書・請求書作成機能
  • 外出報告書自動作成
  • 顧客のホームページ(HP)検索・類推機能
  • 外出先地図,外出先天気
  • 送信用紙自動作成

料金とシステムについて

ネット上のクラウドシステムなので,いつでもどこでも使用することが可能です. 料金に関しては下のフォームからお問い合わせ下さい. 月3万円(20人まで)から使用可能です.

無料で試用可能

最初は無料でお貸出しします. 使いにくい・使えないと感じられたら,そこで終了で構いません. 継続して使ってもらえてこそ,真に使えるツールです. 無料期間に関してはそれぞれの会社の状況により違いますので,ご相談ください.

 

営業支援システムについて詳しくお知りになりたい場合は

以下のフォームからお問い合わせください.

お問い合わせはお気軽に
ノウハウを書籍化!
Pagetop