ホームページアクセスログ解析

ホームページの改造を上司に命じられたら,どうしますか?

どのように改造すればよいかわからない.

新規商品やサービスが追加された場合はそのページを作成すればよいので問題ありません.しかし,特に何も目新しいことがないのにホームページからの引き合いがあまりないので増やしてほしいと言われたら,どうすればよいでしょうか?

何をするときでもそうですが,現状の問題点を探らずにただ変更するだけでは何も良いことは起こりません. まず何が問題かを確認しましょう.

  • 引き合いの数が少ないのではないか?
  • 探している商品にたどり着けているのか?
  • 商品の説明は分かりにくくないか?
  • アクセスされる検索単語は想定内のものか?

そんな時のための「アクセスログ解析」です.

解析結果を見ながら,具体的にどのように改造すればよいかが分かります. アクセスされる単語に関しては,Google サーチコンソールと連携して自動的に収集します. 解析ページを見れば,どのページをどのように変更すればよいかが分かりますので,半自動的に修正していくことが可能です.

ログ取得の仕組み

サイトを閲覧している人がどこから来て,どのように見ているかは主にアクセスログを見ることによって分かります. アクセスログはウェブサーバーが残すログを見る場合とサイトに埋め込んだスクリプトから拾う場合があります.弊社の方法はサイトに埋め込んだスクリプトを使う方法です.そのため,すべてのページに一行タグを埋め込んでいただく必要があります.これは一般的には文字列を置換するツールで簡単に埋め込めますが,現在は google タグマネージャーを使う方法をお勧めしています.

具体的にどのように改良していけばよいか(解析・分析の方法)

改良の方法は様々ですので,書籍にまとめました. ホームページの自動的な改良方法が分かります.

この本ではログ解析した結果をどのようにページ改良につなげるかという説明を書いています. 無料の Google Analytics や Google Search Console を使っても可能ですが,改良のコツがわかっている人間が見ても非常に分かりにくいので簡単には改良できません. 弊社のアクセスログ解析は無駄な情報を省き,必要な情報だけを抜き出し,分かりやすい画面になっていますので,改良の箇所が分かりやすいです.

分析の見え方

クラウドでログインすることによって,どこでも解析結果を見ることが可能です.

  • どのようなテーマでページを作ればよいか
  • どのページが何度も何度も見られているか
  • どのキーワードに弱いか
  • 現在のページがどのようなキーワードで構成されているか

などをウェブ上で確認でき,さらに毎月レポートがメールで添付されて送られてきます. Google アナリティクスでは過去のものは消えてしまいますが,この添付されてくる解析結果を保存しておけば,アクセスの推移をずっと記録していけます.

価格など詳しくお知りになりたい場合はお問い合わせからご相談ください. ご説明させていただきます.

 

ログ解析について詳しくお知りになりたい場合は

以下のフォームからお問い合わせください.

Pagecontact
PageKnowHowBook
Pagetop