【WordPress】月別アーカイブ(年月)ページの作り方

最終更新日: 公開日: 2022年04月

WordPress で年月のページ作成したい場合について説明する.

年月のページがあるメリット

月別アーカイブ

毎月どれくらい追加されているか,過去にどれくらい作成されていたかは年月ページに存在している各月の作成ページ数をみればある程度分かる.

活発に活動していることを示すことになるので,毎月必ず何ページか作っているような場合は是非,月別アーカイブページを作ることをお勧めする.

実際の月別アーカイブページの作り方

テーマファイルの中に以下のページがあると月別アーカイブページを表示できるようになる.

  1. date.php
  2. archive.php
  3. index.php

date.php がないと archive.php を使い,それがない場合は index.php を使うという順序になっている.

外観→テーマファイルエディター
の中に date.php が存在しない場合はファイルを作成する必要がある.
サーバーに応じて適宜作成してほしい.

月別アーカイブページの基本的なコード

基本的な骨組みとしての date.php は以下のようになる.
ここから CSS を使ったり,下の PHP のコードを変更して思うような表示に変えてほしい.

<?php get_header(); ?>
<div>
  <h1><?php echo get_the_date('Y年n月'); ?></h1> 
</div>
<div>
  <h2><?php echo get_the_date('Y年n月'); ?> 記事</h2>
  <ol>
    <?php if(have_posts()): while(have_posts()):the_post(); ?>
    <li>
      <div>
        <a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a><br>
        <div><?php the_tags(); ?></div>
        <div>カテゴリ: <?php the_category(', '); ?></div>
        <div>作成日: <time datetime="<?php the_time('Y-m-d'); ?>"><?php the_time('Y年m月d日'); ?></time></div>
        <div>
          <?php echo get_the_excerpt(); ?>
        </div>
      </div>
    </li>
    <?php endwhile; ?>
  </ol>
  <?php
    // Previous/next page navigation.
  the_posts_pagination( array(
    'prev_text'        => __( '前のページ' ),
    'next_text'        => __( '次のページ' ),
  ));
  endif; ?>
</div>
<?php get_footer(); ?>

投稿ページでの月別アーカイブページへのリンク方法

single.php などの投稿ページに以下のように書くと年月ページへのリンクを作成できる.

<a href="<?php echo get_month_link($year, $month); ?>"><?php echo get_the_date('Y年m月'); ?></a>
 

Contact

ご質問等ありましたら,お手数ですが弊社の個人情報保護方針をお読み頂いた上でフォームからお願い致します.

 
   
contact
Pagetop