独自 CMS 導入のデメリット

最終更新日: 公開日: 2021年12月

ホームページを制作する際にベタなHTMLで制作する方法とCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って製作する方法がある.

CMS を導入するとリンクを増やしたり,レイアウトを考えなくてよかったり,便利なことも多い反面,気を付けるべき点がある.

特にホームページを業者に制作してもらう時などに「弊社独自のCMS」「弊社独自のテーマ」を使ったサイトを提案されることがあると思うが,そのような時に気をつけなければならないことをまとめてみた.

ここではオープンソースの CMS ではなく,一企業が作った CMS を独自 CMS と呼ぶことにする.

独自 CMS を利用することによるトレードオフとは

独自 CMS を使うということは楽が出来る反面,困ったことも出てくる.

自動でやってもらうということが逆にいうと自由に変更が出来なくなるということでもある.

カスタマイズがしにくくなる

決まっているテンプレートの画面をちょっと変更したいという場合にどうすればよいか.
購入したテーマや業者の作った独自CMSの場合,自分で変更してよいかが問題になってくる.

テーマも更新されるが,その更新で自分のカスタマイズした部分が衝突しないか,そもそも改変していいのか,改変できるスキルが自分にあるのか

また,テンプレートを変更するほどでもないけど,ここちょっと変えたいという場合にはどうすればよいのか?

テンプレートのタグの付け方がおかしい場合に修正したい場合もシステム自体を変更しなくてはいけなくなる
HTML は数年でいろいろ仕様が変わってくるので,その辺りの対応をどこまで自分でやらなければならないのか.

考えることは山積みとなる.

セキュリティ面の不安

独自CMS の場合,セキュリティ面の心配が常に付きまとう.
その会社がホントに信用できる会社なのか.

制作時点では問題がなくてもブラウザの脆弱性は常に見つかるものなので,そこを突かれそうな場合には改造する必要があるが,それをやってくれる会社なのか,その維持費(メンテナンス料)はいくら取られるのか.

例えば,WordPressオープンソースのプログラムなので人気が衰えず,開発者がいる限りはセキュリティアップデートは続いていくだろうという安心感はある
しかし,一企業が開発している場合,事業の都合でいきなり開発停止になったり,そもそもその会社がつぶれてしまえば終わりである.
その辺りのリスクを背負う覚悟があるかも考えなければならない.

ちなみに WordPress の場合,世界で43%のサイトがWordPressを使っています.と言っている.
逆にここまで使われるシステムに問題があった場合は様々な企業や人が問題を修正する方向に動くはずだという安心感もある.

WordPress の場合は基本的に無料で使えるが,有料テーマを購入して使う場合もセキュリティに関してその辺りの保証はどうなっているのかを考える必要がある.

また,先ほどカスタマイズの話があったが,自分でプログラムを改変するとサポートを受けられなくなるのが通常である.
そうなると今後セキュリティアップデートを受けることができなくなるのか?

システムの開発が続くかどうか

セキュリティ面だけでなく,検索エンジンの仕様,アルゴリズムが変わった場合,挿入したほうが良いタグが変わった場合など,将来的にずっと対応してもらえるのかどうかも不安な点である.

会社自体が継続するのか,事業が継続するのか,そんなことは何が起こるか分からないので予測することはほぼ不可能だ.

しかし,開発がストップしてしまった場合,困るのは購入,契約したユーザ―なのである.

メンテナンス料

通常,企業が作る独自 CMS を採用する場合,維持費,メンテナンス料という名目で毎月,毎年コストが発生することが多いはずだ.

システムを維持するためにメンテナンス料を要求されることそれ自体は自然だが,来月から開発辞めますと言われて,メンテナンス料も要りませんと言われたら,どうするのだろうか?
販売した会社はそれでいいかもしれないが,ユーザーは一から作り直しするしかなくなる.
メンテナンス料を徴収された挙句,最後は捨てられることになる.

WordPress など無料の CMS を使えばメンテナンス料を取られることもない.

独自 CMS を使うメリットはない

以上のように独自 CMS を使うメリットはほぼ無いに等しい.
これでも独自 CMS や企業独自の(かなりカスタマイズされている)テーマを使いますか?

関連ページ

 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
   
contact
Pagetop