リッチリザルトの ロゴ への対応

最終更新日: 公開日: 2021年01月

引き続き,リッチリザルトへの対応の記事.

Google ではロゴ | Google 検索セントラル | Google Developersで記述方法を説明している.

ロゴと言っても
https://schema.org/Organization
なので組織をロゴのリッチリザルトに流用している感じか.

ld+json でのロゴのリッチリザルト

トップページなど自社URLへのリンクを張る必要のないページの場合はこの記述方式がよいだろう.

microdata でのロゴのリッチリザルト

トップページの場合は ld+json でよいが,トップページ以外のページには左上や右上にロゴがあるはずだ.
そして,そこにはトップページへのリンクが張ってあることが普通だろう.

その場合,埋め込んでしまったほうが早い.
例えば以下のようになる.

リッチリザルトテスト

埋め込んだ後は下記URLでテストするのを忘れないようにする.
リッチリザルトテスト(google)

 タグ: , , ,  
 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
Apache Chrome 拡張機能 CSS Git Google HTML javascript Page Speed Insights PHP python SEO Windows WordPress z-index アナリティクス エディタ サーチコンソール サーバー管理 スライダー タグマネージャー テレワーク デザイン データベース ネットワーク フォーム ページ閲覧解析 マーケティング リッチリザルト レスポンシブ レスポンシブ対応 ログ解析 ローカル環境構築 営業
contact
無料ダウンロード中!
大好評の書籍はこちら
Pagetop