タグマネージャを使う際には Page Path と Page URL の違いに気をつける

最終更新日: 公開日: 2020年09月

Path と URL の違いをここでまとめておく.

PHP には parse_url という関数がある.
ここを見ると分かるが,?xxx=yyyy のようなクエスチョンマーク以降はクエリー(query)と呼び,#xxxx のようなシャープ以降はフラグメント(fragment)と呼んでいる.

Path と URL

つまり,
https://www.rectus.co.jp/tool/morphurl.html?url=https://www.rectus.co.jp/
のようなURLがあった場合に path(パス) とは /tool/morphurl.html を指す.

URL はそのページを表示するための http や https から始まるすべての文字列を表す.
Path はディレクトリ構造の部分のみ,つまりホスト名や引数などは省いたものを表す.

タグマネージャのヘルプを見てみよう.
ウェブサイト用コンテナの組み込み変数に試用できる変数の説明が載っている.

これを見ると

Page Path: 現在の URL のパスです。
Page URL: 現在のページの完全な URL です。

と書いてある.
これは,パスはパスで,URLはURLと書いてあるので説明になっていうようでなっていない.

Page URL を使って,先頭が一致を使う

ということから,例えば,

https://www.rectus.co.jp/service/

にマッチさせたい場合は,もし自社サイト内に他の URL を引数としてとるようなページが存在する場合,

Page URL なら,先頭が一致 https://www.rectus.co.jp/service/

とする必要がある.
Page Path で 含む /service/
と設定すると,以下のような URL にもマッチしてしまうからである.

https://www.rectus.co.jp/tool/morphurl.html?url=https://www.rectus.co.jp/service/

クエリー(引数)に 別のURL を持つようなページが存在する場合,Page URL で 先頭が一致 を使うのが無難といえる.

関連ページ

 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
   
contact
Pagetop