Hタグ(見出しタグ)とHTML5 アウトライン

最終更新日: 公開日: 2020年12月

本記事は
HTML Standard
のサイトの説明に基づいている.

アウトラインとは,「概要,あらまし,輪郭」などと辞書にあるが,まさにその通りで見出し(heading content)ごとに文章をグループ(sectioning content セクショニングコンテンツというらしい)に分けて分かりやすくしたものとでもいえようか.

各セクショニングコンテンツにはヘッディングコンテンツを持つ可能性があると書かれている.

簡単にいうと,section 要素(sectionタグで囲まれた部分)には h要素(見出しタグ)が必要だということらしい.

見出しタグ・Hタグについて

見出しタグのことについてよく聞かれるので改めてまとめてみる.

すなわち,

  • h1 は一つのページに一つ?二つ以上あってはダメなの?
  • h1 は必ず一つのページに一つなくてはいけない?
  • h2 から始まってはいけないのか?

のような質問だ.

実際の使用例

「百聞は一見に如かず」というが,見たほうが早い.
以下の3つはアウトラインに関する限り意味的に同等だということ.

分かりやすいので上のサイトからそのまま引用させてもらった.

これは従来のスタイル.

HTML5 のアウトラインでは h1 だけでも同等の意味のコーディングが出来る.

従来の見出しのつけ方を維持しつつ,HTML5 のアウトラインで書くとこうなる.


見出しをつけるとその部分がひと塊(セクション)となるが,<section>タグを使うとそれが明示的にどの範囲になるかがわかるようになる.

上記ページの内容を考慮した上で先の質問に対する回答としては

  • h1 は一つのページに何個あっても良い
  • h1 は必ず一つのページに一つなくても良い
  • h2 から始まっても良い

となるが,よく上記の説明を理解した上で回答を読んでもらった方が良い.

ちなみに HTML5 のアウトラインに沿った書き方をしておいて,SEO に貢献するかどうかは知りません.
ただ,規則にかなった使い方をしておいた方が何かとよいでしょうという話です.

ちなみにこのセクションで囲んで見出しを付けて強弱を決める部分は
【CSS】z-index が効かない場合の注意点
と考え方はほぼ一緒だと思われるので合わせて読むとよいでしょう.

HTML5 Outliner

アウトラインを簡単に確認出来るツールがあるので紹介する.

HTML5 Outline 拡張機能で確認

HTML5 Outliner という分かりやすい Google 拡張機能があるので紹介する.

すぐ上のリンクをクリックしてインストールするとそのページを見ながらアウトラインを確認することが出来る.

こちらは Hタグの中に img タグしかない場合に alt 属性が存在していても無視される.

HTML5 Outline サイトで確認

サイトで確認したい場合,HTML 5 Outlinerで確認が出来る.

こちらは Hタグの中の img タグに alt 属性が設定されていれば表示される.

 タグ: , , ,  
 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
Apache Chrome 拡張機能 CSS Git Google HTML javascript Page Speed Insights PHP python SEO Windows WordPress z-index アナリティクス エディタ サーチコンソール サーバー管理 スライダー タグマネージャー テレワーク デザイン データベース ネットワーク フォーム ページ閲覧解析 マーケティング リッチリザルト レスポンシブ レスポンシブ対応 ログ解析 ローカル環境構築 営業
contact
無料ダウンロード中!
大好評の書籍はこちら
Pagetop