【WordPress】更新しない場合の危険性について

最終更新日: 公開日: 2021年07月

よく見かけるので,この辺で書きとどめておく.

ホームページデザイン業者に頼むと左側のメニューがカスタマイズされていることがよくある.

余計なところ(下手にいじると画面が表示されなくなる場所)を触れないように配慮しているのだと思うが,プラグインのメニューが隠されてしまっているところも多い.

思わぬ落とし穴

この「プラグイン設定ページへのリンクを隠す」ことの危険性について,デザイン業者はどう思っているだろうか?

更新しないことの危険性

これはいうまでもない.
WordPress 本体もそうだが,プラグイン脆弱性の問題を解決するためのバージョンアップは普通にある.
そういったものをスルーして更新しないと問題が起こって困ることになる.

リリース | WordPress.org 日本語

上記ページを見ても分かるが,

「最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。」

とはっきり書いてある.

プラグイン設定ページが隠されていることの危険性

というように基本的にバージョンアップ,特に安全性を向上させるためのバージョンアップは出来るだけ早急に行っていく必要がある.

にもかかわらず,WordPress をカスタマイズして,「プラグイン」のリンクを隠している人たちがいる.

これはどうするつもりなのだろうか?

こんな記事は書く必要ないのだが,脆弱性を突かれて,そのサイトが悪いことの踏み台にされたりした場合にどう保証するのだろうか?
メンテナンス契約していたとしても,サイトが乗っ取られて犯罪に使われたとしてどうするのだろうか?
その辺りの覚悟は持ってメンテナンス契約しているのだろうか?

自分の管理しているサイトは大丈夫か?

自分で管理しているサイトが WordPress などの Blog システムや Joomla!(ジュームラ), Drupal, xoops などの CMS,ポータル管理ソフトを導入している場合,バージョンアップがしっかり出来ているか,出来るような仕組みになっているか確認することをお勧めする.

関連ページ

 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
   
contact
Pagetop