ツールを使って検索順位を調べる意味

最終更新日: 公開日: 2021年09月

弊社は検索順位チェックツールを作って,無料で提供している.

そもそも,なぜこのツールを作ったかについて,改めて説明を書くことにした.

一括でチェックするツールが出回っているが,順位が 1 位であれば,それで完了なのだろうか?

一括でチェックした場合,そもそもその単語が検索されているのかという根本的な問題はクリアされているとして,順位が一位ならそれ以上見ないことがほとんどなのではないだろうか?

そういう方の場合,1 位でも押されているクエリー(単語)とおされないクエリーがあることはご存知なのだろうか?

1 位でも押されない要因というのは結構ある


広告だらけの状況
  • 2 位のサイトのサマリー部分がとてもよく出来ていて,そっちを押している人ばかり
  • 1 位より上に広告が多数出ていて, 1 位のところを見る前にそちらに流れてしまっている
  • 右上側にまとめページみたいな窓が出てきて,そちらを押している
  • 2 位にリッチスニペットが表示されていて,そちらに流れている

広告が多い

上の画像でもわかるように広告が多いとそもそも 1 位だとしてもクリック率は下がる.
実際に広告を出したこともあるので経験済みだが,1 位になっていても広告が出ているワードだと明らかに他の 1 位のワードと比べてもクリック率は落ちる.

右上のまとめページ

東京都美術館

右上にまとめページのようなものが現れるときがある.
これは Google マイビジネスの情報に見えるが,wikipedia のようなものが出るときもある.
これが出たときも通常よりクリック率は下がるとみてよい.
ただし,ほぼその単語を辞書で調べたときのように表示されるので特に問題にはならないだろう.
固有名詞が多そうなので,そのような場合は基本的にその対象ページは自分で管理しているはずである.

マイビジネス

上の画像は「歯医者」で検索した時.

地図が出た後に Googleマイビジネスに登録のある歯医者が表示されている.
つまり,ホームページを持っているだけではダメでマイビジネスでも登録する必要がある.
基本的にその検索を行った近くの場所で限定されて表示される.

動画

youtube に行ってから検索しなくても,いきなり動画がでてくるようなクエリー(検索単語)も存在する.
だから,やはり検索してみないと分からないのである.

画像

これも物体を表す言葉の時は出ることがあるが,実際に検索してみないと分からない.
しかも,この画像を押すと,再度 Google で「画像検索」が行われる.
つまり,画像で自分のサイトの画像が使われていて,クリックされても自分のサイトには来ないのである.
このような場合もクリック率は下がる.

リッチスニペット

リッチスニペットに関しては多数のパターンが存在する.

検索ギャラリーとリッチリザルトを見る | 検索セントラル | Google Developers

このページを見るのが一番分かりやすいので,クリックして自分でいろいろなパターンを見てほしい.

順位だけではクリック率は分からない

そのため,実際にその単語で検索した時の状況を確認することが大切になる.

その際,自分の順位は何位だと数えるのは非常に大変なので,それを解消するために検索順位チェックツールは存在している.
自分の順位は何位でその上位にどのようなページが表示されているかというのはクリック率を左右する重要な問題である.

特に上位に今書いてきたような特別な表示のものがある場合,そのクエリ(単語)単独でなく,複数の単語を合わせたものに照準を合わせるほうが賢い選択ともいえる.
いずれにしても状況をよく踏まえた上でページを作成していくことが必要だ.

ここで表示されている画像の左側に番号が存在しているものがあるが,これも検索順位チェックツールによって表示されているものだ.
是非,インストールして使い勝手を確認してみてください.

関連ページ

 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
   
contact
Pagetop