Google タグマネージャーで独自スクリプトを設定する方法

最終更新日: 公開日: 2020年12月

Google タグマネージャーで独自のスクリプトを設定する方法を説明する.

タグマネージャーの設定は既に紹介したページを参照してください.

タグマネージャーでスクリプトを設定

タグマネージャーにログインする.
左メニューの「タグ」を押して,右上に現れる「新規」ボタンを押す.

タグの設定

「タグの設定」ウィンドウを押すと右側から設定できるタグタイプのメニューが現れるので,
カスタム
の下にある
カスタムHTML
をクリックする.

出てきた「HTML」欄に独自のスクリプトをペーストする(貼り付ける).

ここでは「ログ解析のタグ」を張り付けている.

トリガーの設定

画面の下にある「トリガー」のウィンドウをクリックする.

全てのページで「ページ読み込み」で動くトリガーが存在しない場合は作成する.
(もちろん,「ページ読み込み」でなくてもよい.そのスクリプトにあったものを選択する.)

存在する場合はそれを選択する.
右上の「+」で新規作成出来る.
「トリガーのタイプを選択」で「ウィンドウを読み込み」を選択する.

左上の名前を 「All Pages」などにする.すべてのページということがわかれば何でもよい.

今,作成した All Pages が出来れば完了.

保存して公開

後は右上の「保存」ボタンを押して,さらに右上の「公開」を押して画面の指示に従って,設定したスクリプトの設定を公開する.

関連ページ

 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
   
contact
Pagetop