メールを送るだけでヒアリングしやすくなるツール知っていますか?

最終更新日: 公開日: 2021年07月

先日,ヒアリングの重要性という記事を投稿した.
何らかのサービスや商品を販売している企業の場合,そのサービスや商品の紹介を書くことはもちろんだが,実際にそのサービスや商品を使用した場合の意見が書かれていると非常に参考になる.
amazon のレビューや 価格.com の口コミを見て,購入の検討をすることは多いと思う.

B2C でも B2B でもこれは一緒であり,製造業の例をとりあげて「心に触れるホームページをつくる」でも「ヒアリングわらしべ長者」の話をしているが,なかなか出来ない人が多いようだ.

そこで簡単で有効な方法があるのでお知らせすることにした.

人に実際に聞くのが難しい

amazon のレビューは自発的に書いてもらうものなので,その商品を使って感動があったり,逆に使ってみて失敗したりと腹の立つ怒りの感情がないとなかなか書いてもらうことは難しい.そこでレビューを書いたら「おまけをつける」などサービスを行っている会社も多い.

それに比較すると企業対企業の場合は直接お客様に聞くのは営業がいる場合はたやすいと思うのだが,直販していなかったり,そもそもそういう文化のないことも多いので困難なようだ.

何人にも聞く必要がある

実際には訪問したり,電話するといろいろ教えてくれることも多いが,やってみる前は大量に聞いてみないと役に立つ内容が聞けないと思っていることも多い.

やってみればいいのだが,いろいろ理由をつけて「ヒアリング出来ない」と言われることも多い.

そういう場合に使える,簡単にユーザーの声を集めることの出来る方法がある.

プレゼント付きアンケート

メール配信&アンケート

今の時代,既に販売したお客様であればメール配信できるメールアドレスを持っていることは多いだろう.

そういう場合にメール配信&アンケートを行うのである.

その方法なら,保有するリストが3万人あったとしても簡単である.

電話でのヒアリングの大変さ

3万人に電話するのは大変だ.
そもそも電話番号が変わっていたり,既にその人がその会社を辞めてしまって連絡が取れなくなっている可能性もある.
繋がって,その人がいたとしても忙しいと断られる場合もある.
また,応じてくれた場合でもお互いに時間をとられることになる.一人20分だとしても,100人だと2000分かかり,32時間かかる.
まともにつながってもそれだけかかる.
確かに価値のある内容ではあるが大変なことであり,時間もかかる.

メールなら時間コストは最小限で済む

メール配信なら一度配信すればエラーになるので使えないデータはすぐにわかる.

メール配信は大して工数もかからず,また価格もそれほど高くはない.
アンケートフォーム作成もホームページを流用すればすぐに出来る.

弊社のアンケートであれば,自分の情報を再度入れ直す必要はない.
質問に回答するだけでよいのだ.

そして,プレゼントをつけることで,ついでにデータのクリーニングも出来る.

プレゼント内容

回答のお礼にプレゼントをつけるのが大事なことである.
回答者全員でもいいし,抽選で高価なものを用意してもよい.

自社の保有する見込み顧客リストの特性にもよるが,プレゼントをつけると回答率が非常に上がるのは長年の経験から保証できる.
疑う場合は実際にやってみればすぐにわかる.

プレゼントの品物や質問内容は少しノウハウのようなものがあるにはあるが,何回かやってみればわかるだろう.

プレゼントをつけるとそのプレゼントを発送するために住所や部署などを見直してくれる.
なので,顧客情報データが更新されて綺麗になる.

そういう意味でもプレゼント付きアンケートのメールを送ることはお勧めだ.

さらなるヒアリングにもつなげられる

回答内容をそのまま利用することもできるし,内容によって優先順位をつけて電話をしたり,訪問したり,今だと zoom でさらに詳しく聞くこともできる.
メール配信をして優先順位をつけるのだ.

最初のメールやアンケートに直接連絡を取る可能性があることも書いておけばさらに問題がない.
プレゼントを渡しているので堂々と電話が出来る.

これが実際に電話してイチイチ聞いて書き起こしてとなると電話する勇気もさることながら,実際に時間がかかるし,お客様の貴重な時間を奪うことにもなるので一旦クッションを設けるというのは悪い選択ではないはずだ.

再度ヒアリングの重要性

ヒアリングをすることは事業の将来を考えるうえでも非常に有用なことで商品企画につながるだけでなく,ホームページを充実させるうえでも大変重要なことである.

なので,この話を読んで具体的に方法が分からない,もしくはアドバイスが欲しいという場合は下のフォームから連絡していただけると幸いです.

関連ページ

 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
   
contact
Pagetop